So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<在留資格不正取得>行政書士の夫と妻逮捕 虚偽証明書作成(毎日新聞)

 実体のない貿易会社で通訳をしていると偽り、中国人留学生の在留資格を不正に取得したとして、警視庁組織犯罪対策1課は12日、東京都練馬区豊玉南3、行政書士、高橋英樹(47)と会社社長の妻美佐子(47)の両容疑者を出入国管理法違反(資格外活動ほう助)などの疑いで逮捕したと発表した。中国人約50人の不法在留を手助けし、約4000万円の利益をあげていたとみて捜査している。

 逮捕容疑は、昨年2〜7月、中国人の男女=入管法違反(資格外活動)容疑で逮捕=を美佐子容疑者が経営する実体のない貿易会社に通訳・翻訳業務で雇用しているとする虚偽の在職証明書を作成、東京入管に提出したとしている。2人は容疑を認めているという。

 組対1課によると、高橋容疑者は昨年1月に行政書士の資格を取得し、美佐子容疑者と在留資格の延長手続き1件あたり80万円で請け負っていた。08年5月から在日中国人向けの新聞とホームページに「在留資格の相談にのる」と広告を出していた。【町田徳丈】

鳩山首相「議論まだ早い」 消費税増税の公約化で(産経新聞)
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)
日韓外相が会談へ=北朝鮮核問題など協議(時事通信)
小沢氏、一転低姿勢…参院選にらみ沈静化狙い?(読売新聞)
取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)

外国人参政権、年内成立を=与党内の理解得られる−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午前、通常国会への政府提出を検討している永住外国人への地方参政権付与法案について「今、政府部内で日韓併合100年というタイミングでもあるということをもって、いろいろと検討している」と述べ、年内には成立させたいとの考えを示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 民主党の一部や国民新党が同法案に異論を示しているが、首相は「理解を得られると思っている」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

週末漁師の物語
うっかり薬剤師
サラリーマン募集中!
私は獣医、今日も休みなし
空空

小型ロボットアームを組み立て=野口さん、宇宙で仕事始め(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)が6日(日本時間)、日本実験棟「きぼう」船外実験施設(EF)に設置する予定の小型ロボットアーム(子アーム)を組み立てた。日本人飛行士で初めて宇宙で年を越した野口さんの「仕事始め」となった。
 子アームは全長約2.2メートル。既にEFに設置されているロボットアーム(親アーム、全長約10メートル)の先端で「指」の役割をするもので、昨年9月に日本の無人貨物船「宇宙ステーション補給機(HTV)」で運ばれた。親アームだけではできない細かい作業を行える。
 宇宙航空研究開発機構によると、野口さんは船内実験室の中で、米国人飛行士のティモシー・クリーマーさん(50)と組み立て作業を実施。この後、船内実験室とEFをつなぐエアロック内に小型アームを納める。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

x8slmgk1のブログ
PattieTudorのブログ
債務整理
競馬情報
クレジットカードのショッピング枠を現金化

アウトドアアイテム おしゃれな日常を演出(産経新聞)

 アウトドア用の服や靴をおしゃれ着として楽しむ人が増えている。高機能で、奇抜すぎないデザインが人気。節約志向の高まりで実用性が重視されているのに加え、通勤着を含めた服装のカジュアル化も背景にありそうだ。(小川真由美)

 ◆不況に強く機能的

 昨年10月、東京・銀座に直営店を開いたスウェーデン発のフェールラーベン。平日は会社員やOL、週末は家族連れでにぎわう。客単価は2万円弱と高めだが、千葉県柏市の派遣社員の女性(41)は「家計が厳しいので長く着られる服はありがたい。アウトドア用品は欧米ブランドが多く、センスもいい」。

 コートはお尻が隠れる程度の着丈で、紫や鮮やかな青などが人気。防水加工や着脱可能な袖やファスナーなどアウトドア機能が満載だが、通勤から犬の散歩、ハイキングまでさまざまな場面で着るために購入する人が多いという。

 同ブランドを展開するSSKエンタープライズの二宮泰二社長は「衣料品はユニクロの独り勝ちだが、アウトドア用品は機能性が高いうえ、見た目もおしゃれで不況に強い」と話す。

 アウトドア用の靴を展開する米メレルは3年前、普段使いの需要を見込み、靴の構成をアウトドア用と普段用に分けた。顧客は30〜40代男性が全体の約7割だが、年々女性客も増加。立ち仕事の人や妊婦、医師などに愛用者が多い。

 ファー付きやカラフルな靴ひもなど、一見ファッションブランドの靴のようだが、部品に山登り用のクッションや断熱材を使用している。担当の今井宣一郎さんは「服装のカジュアル化で普段使いのハードルが下がっている」と話す。

 ◆人気の山スカート

 小田急百貨店では、山歩き用のスカートで野外トイレに便利な“山スカート”が人気。複数のブランドで展開するが、入荷と同時に完売してしまう勢いだ。一見、普通のスカートだが丈がひざより少し短いため、タイツやレッグウェアなどで個性を出しやすい点が受けている。スポーツ部の永田慶一部長代理は「人気女性誌が相次いで山歩きやキャンプでの着こなしを特集するなど、中高年の印象が強いアウトドアが若い世代に身近になっている」と分析する。

 伊勢丹新宿店では子供用も好調だ。移動教室や課外授業を機に、日常着としての愛用も多いという。子供用としては珍しいトレンカ(つま先とかかとの部分が露出したレギンスの一種)や、ひざ下丈のクライミングパンツなどを用意。鮮やかな色使いが多いコートなどと合わせやすいように配慮した。ベビー子供用品営業部の佐藤光司バイヤーは「放課後から登山まで子供のカジュアルスタイルは幅広く、服装も細分化している」と話している。

                   ◇

 ■背景に健康と節約志向

 矢野経済研究所によると、昨年のアウトドア用品市場は全体の約7割を占めるウエアとシューズが好調なことから、前年比2・8%増の1328億9000万円と予測。平成16年以降、スキー、スノーボード、テニス、武道が毎年前年割れの一方で、アウトドア用品は前年比2〜5%増と毎年伸びている。消費者の健康志向と節約志向から、ウオーキングやライトトレッキングを始める人が増えたことが背景にあるという。

t9db302eのブログ
u9hjccilのブログ
競馬情報
現金化
出会いランキング

大阪の居酒屋で猟銃発砲、3人が心肺停止(読売新聞)

 12日午後8時頃、大阪府羽曳野市河原城の居酒屋に猟銃を持った男が押し入り、発砲。店内にいた人らが撃たれたとみられ、柏原羽曳野藤井寺消防組合によると男を含む4人を救急搬送し、うち3人が心肺停止状態。

 大阪府警によると、撃った男は自殺を図ったという。

 近所の女性は「音がしたので外に出ると、居酒屋の前の路上に男性が倒れていた。近くに猟銃が落ちており、怖かった」、別の男性は「金属をたたくような発砲音が何回か聞こえた。店の中から『警察に連絡してくれ』という声が聞こえ、110番した」と話していた。

最近の秘書事情
今年こそ優勝
クレジットカードのショッピング枠を現金化
競馬サイト
ライブチャット

荒川区で車12台壊される=器物損壊容疑で捜査−警視庁(時事通信)

 東京都荒川区で、車のサイドミラーなどが壊される被害が12件相次いでいたことが12日、警視庁尾久署への取材で分かった。同署は連続器物損壊事件として捜査している。
 同署によると、9日夜から10日朝の間に、同区東尾久の駐車場などに止まっていた乗用車12台の窓ガラスやサイドミラーが壊されていた。
 被害は半径200メートルの範囲に集中しており、うち11台は足でけるなどして壊したような形跡があった。 

テンヤマダイを極めよう
ケーキのブログ
現金化口コミ
競馬情報
ショッピング枠現金化

シー・シェパード船衝突、NZ政府に抗議(読売新聞)

 平野官房長官は7日午前の記者会見で、反捕鯨団体シー・シェパードの小型高速船が南極海で日本の調査捕鯨船団の監視船に衝突した事故について、「極めて遺憾だ」と語り、日本政府として小型高速船の船籍のあるニュージーランド政府に抗議したことを明らかにした。

たかおのブログ
働き盛りの、ベビーシッターブログ
無料ホームページ
債務整理
債務整理・自己破産

「介護・福祉に光が差した一年」―09年回顧と10年の展望 全国老人福祉施設協議会・中田清会長(医療介護CBニュース)

 2009年、介護報酬改定や介護職員処遇改善交付金、緊急雇用対策での介護人材育成などで介護をめぐる状況は大きく変わった。1999年から全国老人福祉施設協議会の会長として活躍してきた中村博彦氏(自民党参院議員)の後を受け、09年5月に会長に就任した中田清氏はこの一年をどう振り返り、10年をどう展望しているのだろうか。

―09年を振り返ると、どんな一年でしたか。
 09年は介護報酬のプラス改定や、介護職員処遇改善交付金など、介護・福祉業界にとっては光が差した一年でした。また、雇用創出でも介護がクローズアップされるなど、介護に対する国民の関心が高まったとも言えるでしょう。

―4月の介護報酬改定で、3%アップが実現しました。
 これまで2回にわたるマイナス改定がありましたが、今の経済状況では3%アップを実現するというのは難しいと思っていました。しかし、介護人材の確保・定着に向けてプラス改定が決まったことは高く評価したいですね。

―今回は加算による引き上げがメーンで、基本報酬部分のアップはほとんどありませんでした。
 全国老施協の会員は北海道から沖縄までおり、特別養護老人ホームの規模も30人の施設もあれば、100人の施設もあり、規模もまちまちです。加算を取れる施設はいいですが、取れない施設も出てきます。そのため、「報酬アップ」が決まった後も、審議会などの場で「賃金の一律底上げが必要」と主張してきましたが、残念ながらそれは実現しませんでした。

―報酬改定を踏まえ、全国老施協としてはどういった活動をしてきたのですか。
 09年の5月から各都道府県を回って、管理者・事務長などを対象とした「3年戦略セミナー」を開催し、加算取得のノウハウを説明してきました。その効果は、新設された「日常生活継続支援加算」の取得率が、4月に51.1%でしたが、8月には60.8%まで伸びました。特に、「夜勤職員配置加算」は4月に43.3%でしたが、8月には60.9%まで上がりました。
 確かに、地域によっては有資格者を確保したり、職員を厚く配置したりというのは難しいという声も聞きます。加算は利用者サービスの対価です。有資格者や人員の配置が厚い施設など、国民は高い水準のサービスを求めているのです。会員にはサービスの質を高めることをお願いしています。全国老施協は、それをバックアップするために研修などを強化しているところです。
 加算を取得する上では、施設の経営能力や人事管理能力が問われます。また、12年度の次期改定では、新設された加算の一部は基本単価に入るのではないでしょうか。それまでの間に、有資格者を施設内でどう養成するかが課題になるでしょう。

―介護職員処遇改善交付金が今年度の補正予算に盛り込まれました。
 交付金は、われわれにとっては大変ありがたい制度です。すべての事業者が申請して、職員の処遇改善につなげてほしいと思います。
 介護報酬の3%アップはありがたいですが、必ずしも十分ではないこともあり、介護職員の賃金アップのための補正予算を組んでもらうため、全国老施協としても政府への働き掛けを行ってきました。全国老施協の活動でこの交付金が実現したと自負しています。
 これからは、この交付金を受けて職場をどう改善するかが課題です。介護職員の力を向上させ、提供するサービスの質を高めるしかないと思います。

―介護職員に限定している点についてはどうお考えですか。
 もちろん、問題という声があることは認識しています。われわれは、この制度の実施に当たり、昨年度と今年度の賃金改善を比較する際に、4月の定期昇給分も賃金改善に含むように要望してきました。例えば、4月に1人当たり5000円の定期昇給をしていれば、交付金で1万5000円相当を受け取った場合、そっくりそれを介護職員の処遇改善に充てる。すると、定期昇給分の5000円分を介護職員以外の職員の処遇改善に充てることができます。チームケアを重視する中でも、経営者が知恵を出すことで、職種間でのバランスは十分に取れると思います。

―特養での医行為モデル事業が行われました。
 この問題は、特養入所者の重度化とともに大きな課題でした。全国各地で行っている意見交換の場でも、現場の若手介護職員らから「法律違反の医行為をせざるを得ない」との悲鳴ばかりが聞こえてきます。利用者が重度化、病弱化する中で、現行の報酬体系では看護職員の採用は難しいという状況です。
 われわれは18-19年度にかけて、特養の医行為についての実態調査を行いました。すると、約30%の施設が夜間を中心に、たんの吸引などを行っていました。そのため、早急にこの問題を解決してほしいと審議会などで訴えてきました。

―問題の解決に向けて、どのような対策を取るべきですか。
 最低限、家庭で行われている行為については、特養で専門職の介護福祉士ができるように認めるべきというのがわれわれの主張です。利用者の重度化や病弱化が避けられない中で、たんの吸引、経管栄養、褥瘡の処置の3点について処置の範囲などを早急に整理し、医行為から外すことを要望したいです。

―厚生労働省の地域包括ケア研究会は09年5月に、「30分以内に駆けつけられる圏域で、医療や介護のサービスが適切に提供できるような地域の体制を構築することが必要」との検討結果をまとめました。
 この報告書では、入所施設での介護・医療サービスを「外付け」で行うという方向が示されています。しかし、これが可能なのは全国でも限られた地域でしょう。現在、在宅での介護が可能になっているのは、子どもが4、5人いた団塊世代が交代で親の世話をする「家族介護力」があることが前提になっています。子どもの数が急激に少なくなる中で、これを継続するのは難しいです。
 また、07年度の調査ですが、家族などの介護をするために仕事を辞める人は全国で約15万人もいます。こうした人がどんどん増えてしまっては、日本経済は持ちません。こうした状況が、在宅での高齢者虐待の増加にもなっているなどの問題もあります。
 これらの点を踏まえると、今後はさらに施設整備の重要性が増すと考えられます。特養待機者45万人の半分に当たる20万床分を緊急に整備すべきです。

―整備を進めるために必要なことは何ですか。
 整備のためには財政的な措置が必要です。25年までに特養を100万床整備した場合、約50万人の介護従事者が新たに必要になります。彼らの給料を賄うためには、年間約2兆5000億円が必要になりますが、これは消費税のおよそ1%分です。消費税1%分の負担で、困ったときにすぐ特養に入れる、安心して老後を迎えられる体制を整備するということであれば、国民は納得してくれるのではないでしょうか。国に対し、財政措置を講じ、特養をきっちりと整備するということを訴えていきたいと思います。

―12年度の介護報酬改定の見通しを教えてください。
 今般、税収の大幅減など、社会・経済状況は大変厳しいものがあります。この不況はある程度続くと思われます。報酬を下げることはまずないとは思いますが、効率的な制度運営、公費負担割合の引き上げとともに、職員の処遇改善策の拡充を求めていきたいです。

■新政権はわれわれの目指す方向性と全く変わらない

―民主党は介護職員の月額4万円の賃金アップを掲げていますね。
 新政権の動向を見たり、民主党の政策集などを読んだりしました。施設整備のスピードアップや、12年度以降の介護職員の処遇改善策の継続を打ち出すなど、われわれと目指す方向性は変わらないと思います。
 また、要介護の高齢者を抱える家族に対する実態調査と、社会的支援を行うことも打ち出しています。民主党を中心とする政権の「脱官僚」が、介護保険制度における「在宅偏重」路線からの方向転換となることに期待を持っています。

―全国老施協と政党とのかかわりはどうなるのでしょうか。
 われわれの介護現場が抱える問題点を発信し、解決を求めていくスタンスは、どの政党にも理解されると信じています。政府に対してもお願いしていきますし、前会長の中村博彦参院議員とも連携して、これまで通り介護現場の向上に尽力していただきたいと思っています。


【関連記事】
「サービスの質は介護職員の力で高まる」―全老施協シンポで中田会長
介護の作文・写真コンテストで作品募集‐全老施協
全老施協、中田会長代行が新会長に
介護職員処遇改善交付金 現場を、経営をどう変えるのか
看護職の9割が介護職の喀痰吸引に賛成―全老施協調査

n0frne0cのブログ
本日のランチ
無料ホームページ
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。