So-net無料ブログ作成
検索選択

解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)

 尿検査で大麻の陽性反応が出て、日本相撲協会を解雇されたロシア出身の元露鵬(30)、元白露山(28)兄弟の訴えは退けられた。力士としての地位確認を求めた訴訟で、19日に言い渡された東京地裁判決。元白露山とともに着物姿でまげを結って法廷に臨んだ元露鵬は「自分が(大麻を)やったことがないことをやったと協会に言われた。犯罪者ではないのに犯罪者扱いされて、納得いかない」と反発した。

 兄弟は開廷約20分前に代理人の塩谷安男弁護士と一緒に法廷入りした。ひげをはやした元白露山は判決後、「言うことはない」とコメントを控えたが、塩谷弁護士は「名誉を回復したいのと(協会に)できれば戻りたい」と2人の思いを代弁した。

 一方、日本相撲協会は判決後、「裁判所が協会の行った解雇処分が正当であると判断して、2人の請求を認めなかったのは当然で、正しい判決」とするコメントを発表した。

 兄弟側は、ずさんな検査で名誉を傷付けられたとして、検査を実施した協会の再発防止検討委員会(現生活指導部特別委員会)の委員らに賠償を求める訴訟も東京地裁に起こしており、係争中となっている。【武藤佳正】

【関連ニュース
大麻解雇訴訟:元露鵬、元白露山兄弟の請求棄却…東京地裁
大相撲:新大関「謹んでお受けします」 把瑠都ホッと
第28代木村庄之助:通夜で曙さんら冥福祈る
訃報:大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長
大相撲:新大関・把瑠都誕生…「まずは優勝を」と意気込み

<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も(産経新聞)
谷垣氏「軽い認識で国民愚弄」 首相「ご懸念ご不要」(産経新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)

<手鏡箱>龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)

 京都市北区の寺院、閑臥庵(かんがあん)で「KAIENTAI」(海援隊)や「GOOD LUCK」(幸あれ)などの文字が彫られた手鏡箱が見つかり、公開されている。江戸時代末期の品とされ、坂本龍馬のイニシャルと同じ「SR」の文字も刻まれているため、ファンの夢を膨らませている。【五十嵐和大】

 手鏡箱は漆塗りで直径約24センチの円盤に柄が付いた形。ふたの表面に「JULY」(7月)の文字や海援隊の隊旗らしき絵も見える。寺の言い伝えでは、1877(明治10)年ごろ、同志社英学校に学んだジャーナリストの徳富蘇峰が寺を訪ねた際に見つけ、当時の住職に保管を勧めた。その後、行方不明になったが、08年の倉庫整理で発見したという。

 口承以外に由来を示すものはないが、1867年11月に暗殺された龍馬が7月ごろ、京に滞在していたのは確か。閑臥庵の山田英樹執事(47)は「寺は御所の北の守り神。航海の道しるべの北極星になぞらえ、安全を願ったのかも」と推測する。

【関連ニュース
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
注目ドラマ紹介:「新撰組 PEACE MAKER」 イケメン続々、ポップな幕末青春活劇
今週の本棚・新刊:『幕末日本と対外戦争の危機』=保谷徹・著
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ
リーガロイヤルホテル京都:龍馬ゆかりの地巡る 宿泊プラン2種売り出し /京都

「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
国民への意識調査、第1弾を5月に実施−高齢者医療制度改革で厚労省(医療介護CBニュース)
普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
<NHK>受信契約求めホテル事業者を提訴 千葉 (毎日新聞)

里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)

 将棋の棋戦主催各社で選考する第37回将棋大賞の表彰式が16日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、最優秀女流棋士賞を初受賞した里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)が初のスーツ姿を披露した。

 薄いグレーのパンツスーツ姿とネックレスで大人の雰囲気を漂わせた里見2冠は、表彰式の後に「すごく光栄ですし、うれしいです。今季はプロになってから目標にしていた女流名人にもなれ、とても充実した1年になりました」と笑顔を見せた。

 島根・大社高を卒業し、今月から将棋一本の生活が始まった。トレードマークだった制服のブレザー姿も卒業。「もうコスプレになっちゃうので、制服は着られません」という対局時の勝負服は、スーツに決定。既に数着を購入し、今月30日に行われる豊島将之五段との新人王戦に備えている。

 一方、3年連続17回目の最優秀棋士賞に輝いた羽生善治3冠(39、名人・王座・棋聖)は「将棋の世界は地味な世界と思われがち。確かに派手なことはしていないが、ひとつひとつの積み重ねが(表彰として)具体的に表れる。棋士としての励みにしたい」と貫禄のあいさつ。

 里見女流2冠については、「今までの女流棋士にはいなかった、局面に応じて勝負するタイプ。(のびしろは)未知数ですね」と評価すると、18歳は「ホントですか? 神様みたいな人なので…信じられません」と恐縮しきり。男女のスター共演が表彰式に花を添えた。

 【関連記事】
羽生名人が先勝…名人戦
将棋の棋戦 将棋大賞 千駄ケ谷 を調べる

国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」−東京地裁(時事通信)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待−群馬(時事通信)
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
「ドウシシャ」が所得隠し9千万円(産経新聞)

山崎さん、補給コンテナ設置へ(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)は日本時間8日午後、ロボットアームを操作して物資補給コンテナレオナルド」をISSに設置する作業を行う。今回の任務で最初の山場を迎える。

【フォト】山崎さん、補給コンテナ設置へ

 レオナルドはイタリアが開発した再利用型の輸送コンテナで、直径4・6メートル、長さ6・4メートルの円筒形。水や食料などの日用品のほか、飛行士の個室や各国の実験機材など約6トンの物資が収納されている。

 山崎さんは米国の女性飛行士とペアを組んで、ISSのロボットアームを操作。米スペースシャトル「ディスカバリー」の貨物室からレオナルドを取り出し、約30分かけてISSに取り付ける見込み。

 順調に行けば9日から、野口聡一さん(44)らと共同で物資の運び出しを始める予定で、山崎さんは運搬作業の責任者を務める。

【関連記事】
松戸のカボチャ 山崎さんと宇宙の旅
山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション
山崎、野口さんが宇宙で対面 日本人初
スペースシャトル、ISSにドッキング成功
山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
首都圏マンション販売2月は前年比10%増
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)

新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)

 旭化成ファーマは4月5日、新規緑内障治療薬として創製したAK138シリーズ化合物について、日本、韓国を除く全世界の独占的開発・販売権を米バイオベンチャーのアルテオス社に供与するライセンス契約を締結したと発表した。日本での基礎研究を終えた段階で、日韓での今後の臨床試験の予定については検討中としている。

 緑内障は、眼球内を循環する液体(房水)が増え、眼球中の圧力(眼圧)が上昇することなどによって視神経が損傷を受け、視野が徐々に欠けていく疾患。

 主流薬は、房水の副排出経路のぶどう膜強膜に作用し、房水の排出を促して眼圧を下げる。これに対し、AK138シリーズ化合物は、繊維柱帯という「主排出経路」に作用する。旭化成ファーマでは、主経路に作用した方が、より高い眼圧降下が期待できるとしている。点眼剤として開発する。

 AK138シリーズ化合物は、血管平衡筋の収縮などに関係するRhoキナーゼを阻害する働きを持つ。旭化成ファーマは、Rhoキナーゼ阻害薬としてくも膜下出血術後の脳血管攣縮やこれに伴う脳虚血症状の改善薬(エリル点滴静注液)を販売しているが、近年、眼圧を強力に下げる作用が明らかになってきたという。このため、緑内障治療薬としての開発競争が激化しており、現在、参天製薬や千寿製薬など複数の企業が臨床試験を進めている。

 旭化成ファーマによると、国内で緑内障の治療を受けている患者は54万人(2005年)で、潜在患者は300万人(同)。全世界での潜在患者数は6700万人(00年)だという。


【関連記事】
緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
緑内障薬の副作用を逆手に脱毛症治療薬
点眼方法、不適切が9割超
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)
不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)
「業務上の疾病」の伝染性疾患、介護も業務対象に(医療介護CBニュース)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)

官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」(産経新聞)

 平野博文官房長官は29日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告が政治資金規正法違反の罪で禁固2年を求刑されたことについて「個々の政治家のことであり、政府としてコメントする立場にない。司法判断の結果ということだ」と述べた。

 勝場被告が平成15年、民主党の熊田篤嗣衆院議員側に現金200万円を渡したが、政治資金収支報告書などに記載されていないとの産経新聞の報道については、「事実関係を承知しておらず、コメントする立場にない」とした。

【関連記事】
(4完)「名前を使った皆様におわびを…」最後まで消え入りそうな声の勝場被告 鳩山首相元公設秘書初公判
(3)「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(2)「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(1)虚偽記載のきっかけは地元新聞記者からの指摘 検察側が明かす 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種

234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ−新型インフル・厚労省(時事通信)
普天間移設先2案、社民・福島党首が反対表明(読売新聞)
日照最少、そしてときどき雪ドガッ 東北・3月(河北新報)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
成田でボディースキャナー実証試験=航空テロ対策で7月にも−国交省(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。