So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)

 ◇「新しいこと何もない」

 小沢一郎民主党幹事長が、東京地検特捜部の事情聴取後、説明会見をして一夜明けた24日、強く説明責任を求めていた県民や野党からは「新しいことは何もない」など、会見内容への不満がくすぶった。民主側からは「疑念は解消された」の声が出るものの鎮静化の気配は見えない。新政権を揺さぶる政治とカネへの疑問に対する説明責任を問われる状況が続く。【岸本桂司、山口圭一、狩野智彦】

 ◇「詳しい説明を」−−市民アンケ

 毎日新聞は24日、小沢氏の説明責任と対応について、改めて市民50人(男性25人、女性25人)に盛岡市大通の民主党県連前で聞いた。説明責任については「果たしていない」が44人と前回アンケート(16日)の46人から大きく変わらず、県民がより詳しい説明を求めていることが分かった。

 小沢氏の説明責任については、「果たしている」は6人にとどまった。一方で、「果たしていない」と回答した人の多くは、「説明できていないお金があるように思える」(盛岡市、40歳代男性会社員)「うやむやにしようとしている」(同市、50歳代女性パート社員)など、説明に理解が得られていないことが浮かび上がる。

 今後の対応については「さらに説明が必要」が24人と最多だった。中には「今後の説明の内容次第では、民主党を応援しない」(同市、60歳代女性無職)と声も。「党役職辞任」「議員辞職」を求めた人は、20人と前回から3人増え、「側近3人が逮捕された時点で道義的責任がある」(同市、50歳代男性団体職員)など厳しい声が上がった。

 ◇後援会「今後も支える」

 小沢氏の会見を受け、地元後援会からは「今後も小沢先生を支えていくだけだ」と平静を装い、擁護する声が上がった。後援会水沢連合会の小野寺伝会長は「小沢先生は法に触れるようなことはしていないと信じている」と話した。

 民主党県連の工藤堅太郎代表は「これで疑念は解消されたのではないかと思う」と、会見を評価した。また、「国民が触れる情報は検察のリークでゆがめられたものだ」と指摘。「疑惑を認めなければ説明責任を果たしたことにならない、という風潮があるように思える」と述べた。

 一方野党側は、会見内容について「目新しいものはない」と口をそろえる。その上で、「普通、億単位のカネが自宅にあるとは考えられない」(公明党県本部・小野寺好代表)、「会見で真相は明らかになっておらず、国会の証人喚問で明らかにすべきだ」(共産党県委員会の菅原則勝委員長)と、説明責任を果たす必要性を語る。

 また、自民党県連の鈴木俊一会長は「我が党で同じことが起きたら党内から批判が出るし、幹事長は辞任している」と述べ、幹事長続投に疑問を示す。

 連立を組む社民党県連合の伊沢昌弘幹事長は「(幹事長続投は)明らかになった時点で本人が判断すべきだ」と述べるにとどまった。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇アンケートの質問と回答◇

 <問1>小沢氏の説明責任は?

果たしている   6人 (4)

果たしていない 44人(46)

 <問2>小沢氏の取るべき対応は?

党役職辞任    12人 (9)

議員辞職      8人 (8)

さらに説明が必要 24人(27)

現状のままで良い  6人 (6)

 ※( )内は16日の結果

一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化 都が国に緊急要望へ(産経新聞)
検察に“圧力”、報道を批判…民主の言動過熱(読売新聞)
<訃報>筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)
判決に不満の態度の被告 裁判員は「残念」(産経新聞)
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件−兵庫県警(時事通信)

<小沢幹事長>弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が自身の健康不安に関する発言を繰り返している。政治家のこうした発言は異例だが、小沢氏の場合は過去にも進退が取りざたされるなど苦境に立たされたとき、自ら言及する傾向があった。剛腕と称される強気のかげで弱みもみせる複雑さが、党内を掌握する小沢氏の強さを支えているようだ。【須藤孝】

 小沢氏は24日、広島市で「私もそう長くない」と発言。25日の記者会見では、自らの資金管理団体による土地購入を巡る事件で、土地代金の原資が家族名義だった理由を問われ「私は平成3年(91年)に心臓病で入院した。人生というか命というか、万が一の時にも、という意識があった」と語った。

 小沢氏の健康問題が明るみに出たのは、東京都議選の敗北で責任をとって自民党幹事長を辞任した約2カ月後の91年6月、心臓病で倒れて42日間入院してからだ。

 06年9月に党大会直後に検査入院した際には、記者団に「心臓だけのCT(コンピューター断層撮影)をした」とあからさまに心臓に不安があったことを明かしている。

 24、25の連日の健康不安発言について、小沢氏周辺は「26日も本人と電話したが、いたって元気だ。マスコミに低姿勢をアピールする戦略だ」と強調する。しかし、健康不安説が流れているわけでもないのに自らしばしば体調に言及するのは、マスコミ対策という表面的な意味だけではない。政治家にとって最大の弱みをためらわず口にすることで、逆に周囲に権力に固執しないとの「すごみ」をきかせる効果を発揮している。

 小沢氏が突然、甲状腺がんの手術体験を明かしたのは07年秋の大連立騒動の直後。08年1月には今回と同じ「(先が)長くない」という発言をしている。

 小沢氏に近い議員らは、今回の土地購入事件を巡り同氏の幹事長続投を前提にする一方、「続投に固執することが参院選勝利にマイナスと考えればすぐに決断する」という見方も共有している。小沢氏の発言は「いざとなれば決断してくれる」という期待を党内に抱かせ、表向きの不平不満が出ない理由にもなっている。

【関連ニュース】
参院予算委:小沢氏団体事件で党独自調査しない 首相
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
共産党:市田書記局長 民主・小沢幹事長を説明責任で批判
東京都議補選:島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?

参院選指揮、小沢氏に委ねる=鳩山首相(時事通信)
赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で−兵庫(時事通信)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
捜査可視化、賛同相次ぐ=小沢氏系グループ会合(時事通信)
情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書−防衛省(時事通信)

ロープウエーが宙づり=点検員2人取り残される−北海道(時事通信)

 北海道警旭川東署に入った連絡によると、21日午後3時ごろ、上川町の層雲峡でロープウエーが地上から約30メートルの地点で宙づりになり、点検員2人がゴンドラ内に取り残された。ロープウエーのブレーキテスト中にロープが絡まったためで、2人にけがはないという。同署が消防とともに救助に向かっているが、現場付近はふぶきだという。
 同署によると、2人は同日正午ごろからブレーキテストをしていたが、上りのテストをしていた際にロープが絡まり、ほぼ中間地点で走行不能になった。ロープウエーは層雲峡温泉街と黒岳(1984メートル)の5合目を結んでおり、全長1650メートル。 

【関連ニュース】
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
山中の河原で男性死亡=別の1人負傷、不明8日
点検窓外れ浸水、通報4時間後=新潟沖の遊漁船沈没
機体不具合の可能性低い=長崎ヘリ不時着事故で海幕長
不明自衛官、遺体で発見=転覆ボート下海底で

田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取−大阪高裁(時事通信)
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表(産経新聞)
「釈放要求発議も」民主議員、捜査批判の動き(読売新聞)
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件−兵庫県警(時事通信)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)

すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は24日、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で東京地検から事情聴取を受けたことについて、聴取の様子や内容が明らかになっておらず「すぐに国民が納得することにはならない」と述べた。八ツ場ダム中止問題での地元住民との意見交換のため訪れた群馬県長野原町で記者団の質問に答えた。
 同相は、国民の理解を得るためには同幹事長が「(今後も)事情聴取に応じ、説明責任を果たしていただくしかない」との認識を示した。また、同幹事長の進退に関しては「現時点でやましいことはしていないとおっしゃっている以上、辞めてくださいと言う理由はない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

愛媛「正論」懇話会 松本健一氏講演 日露戦争時「日本の青春時代」(産経新聞)
<政教分離>市有地に神社は違憲 最高裁(毎日新聞)
「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
福島氏「国民に真摯な説明を」=小沢氏聴取の行方注視−与野党(時事通信)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)

<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)

 福岡県久留米市の久留米競輪場のバンク(コース)に野良猫が侵入し、選手の練習が中断するなどの支障が出ている。時速約70キロで疾走する競技用自転車にブレーキはなく、衝突すれば転倒は免れず、選手の生命が危険にさらされるという。運営する市は猫の捕獲・殺処分を検討したが、動物愛護団体が中止を求めたため、対応に苦慮している。

【猫といえば】こちらは執行役員のたま

 市競輪事業課によると、競輪場周辺には以前から野良猫が住み着いていたが、2、3年前から数が増え始め、現在50〜60匹いるという。えさを与えたり、猫を捨てたりする人が後を絶たないことが原因らしい。

 バンクは高さ2〜3メートルのフェンスで囲まれているが、継ぎ目などにすき間があり、猫は容易に侵入できる。レース直前に選手が入退場する「敢闘門」に猫が近づき、職員が追い払うこともあるという。

 練習中にも猫がバンクを横切るケースも。危険を回避するため、選手たちが一斉に声を掛け合って走行を中断することもしばしばだ。日本競輪選手会福岡支部長の藤田剣次選手(32)は「練習に集中できないし、転倒してけがでもすれば仕事(レース)ができなくなり収入は減る。重大な問題」と話す。

 選手会は昨年8月、市に対し、危険性を訴えるとともに野良猫の排除を要望した。市は捕獲・殺処分を検討したが、動物愛護団体「くるめ動物応援団」(本部・久留米市、木村文一代表)が中止を求め、不妊手術などの対策を提案した。

 これを受け、市は猫の侵入を防ぐためにフェンスのすき間を金網で埋め、バンクに近づく猫の追い払いを徹底。さらに、えさを与えないよう呼び掛ける文書を場内で配布した。里親探しも始め、これまで子猫約10匹が職員や選手にもらわれている。

 市の担当者は「冬になって猫は少なくなったが、繁殖期の春になると心配。選手の安全を確保するための抜本的対策が必要なのだが……」と頭を悩ませている。【松尾雅也】

【関連ニュース】
【写真で見る】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
<猫のまち>谷中銀座商店街
【かわいい動物たくさん】毎日動物園
【写真特集】美しい鳥たちの姿を写真で

主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
通常国会 「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も(毎日新聞)
考古学を一変?「卑弥呼の鏡は日本製」 桜井茶臼山古墳の波紋(産経新聞)
景気対応緊急保証、医療・介護も対象に―直嶋経産相(医療介護CBニュース)

首相「朝三暮四」と「朝令暮改」間違える(読売新聞)

 鳩山首相が22日の衆院予算委員会で、巧みな言葉で相手をだます「朝三暮四」の意味を問われ、「よく知っている。物事をあっさり変えてしまうことだ」と間違え、質問者から「それは朝令暮改だ」と訂正される一幕があった。

 自民党の茂木敏充氏が、麻生政権の編成した2009年度第1次補正予算に関し、鳩山政権が執行停止にした内容を09年度2次補正予算案で復活させているとし、「朝三暮四」だと批判するやりとりで飛び出したものだ。

<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
参院選前の新党目指す=平沼氏(時事通信)
訪問看護支援事業、「行政の意識が重要」―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
フグの白子、少しは身近に? =低温飼育で8割をオスに−近畿大(時事通信)
不動産取引で26億円所得隠し=銀座のビル売買めぐり−会社社長ら逮捕・東京地検(時事通信)

【産経・FNN合同世論調査】菅副総理「残念だが跳ね返せる」 官房長官は「真摯に受け止める」(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は18日午前の記者会見で、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で内閣支持率が急激に低下したことについて「内閣が本来やるべきことは適宜適切に行われている。残念だが、次の課題に取り組んでおり、支持率の低下は跳ね返すことができる」と述べた。

 自らが「首相にふさわしい政治家」のトップに挙げられていることに関する質問に、菅氏は直接答えず、「現在の鳩山内閣が最もふさわしいし、効果的に取り組める態勢だ」と語った。

 一方、平野博文官房長官は会見で支持率低下について「真摯(しんし)に受け止めながら国民生活第一の施策を実現するのが私どもに課せられた使命だ」と述べ、通常国会で平成21年度第2次補正予算案の早期成立に全力を尽くす考えを強調。小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件について9割近くが小沢氏の説明に納得していないことに対しては「幹事長がご判断をされ、適切的なときに説明を果たされていくと思う」と語った。

【関連記事】
産経・FNN合同世論調査 「幹事長辞任を」70・7%内閣支持率急落44・3%
党の代表として「戦ってください」 官房長官が説明
菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 

大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  (産経新聞)
<ニュース1週間>小沢氏元秘書、石川衆院議員を逮捕/ハイチでM7.0/京セラ稲盛氏、日本航空会長に(毎日新聞)
日米外相会談 「普天間のトゲ」露呈 くすぶる米の不信感(産経新聞)
小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」(産経新聞)
<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)

<南青山殺害>防犯カメラの男、再逮捕へ 別事件で起訴(毎日新聞)

 東京都港区南青山のマンションで09年11月、部屋に住む飲食店店長、五十嵐信次(のぶじ)さん(74)が殺害されて見つかった事件で、警視庁赤坂署捜査本部は、事件翌日に別の器物損壊容疑で逮捕、起訴された男(59)を強盗殺人容疑で来週にも再逮捕する方針を固めた。現場から検出された指紋が男と一致していた。

 捜査本部によると、五十嵐さんは09年11月16日午前11時40分ごろ、自宅の和室に敷いた布団の上で首を切られて死亡しているのを親族が発見した。室内のたんすなどが物色されていた。

 捜査関係者によると、男は事件が起きた翌日の同月17日、台東区の上野署の前に設置してある掲示板に投石して壊したとして、器物損壊容疑で同署に現行犯逮捕された。その後の調べで現場に残された指紋が男のものと一致。殺害現場近くの防犯カメラに事件前後に男が映っていたことも分かったという。【古関俊樹、神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース】
痴漢対策:埼京線の電車内に防犯カメラ 28日から設置
JR埼京線:痴漢用防犯カメラの試験運用スタート
防犯カメラ:JR川崎駅で新型5台の試験運用 警察庁
釜山射撃場火災:室内の監視カメラ映像公開
痴漢対策:JR東日本、埼京線車内に防犯カメラ設置を検討

「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑−大阪地検(時事通信)
子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)
仮面夫婦TOSHIと香夫人 応援団もつくドロドロ合戦(J-CASTニュース)
<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
逮捕は当然=共産の市田氏(時事通信)

元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)

 昨年末に廃止された社会保険庁の後継組織として日本年金機構が発足したのに伴い計525人の社保庁職員が民間の解雇に当たる分限免職処分となった問題で、元職員31人が18日、処分の取り消しを求め人事院(東京)と人事院近畿事務局(大阪)に不服申し立て(審査請求)を行った。

 請求が認められない場合、集団訴訟を起こす方針。

 元職員らを支援する日本国家公務員労働組合連合会(国公労連)によると、審査請求をしたのは、京都や東京など6都府県の元職員で、内訳は、年金記録の目的外閲覧(のぞき見)などで懲戒処分を受けた24人と、懲戒処分歴がないにもかかわらず機構などに採用されなかった7人。

 人事院によると、今回の集団請求とは別に、これまでに元職員9人が個別に審査請求しており、請求者は計40人となった。

 日本年金機構の基本計画では、社保庁時代に懲戒処分を受けた職員は採用しないことになっていた。社保庁の職員1万2566人のうち、1万69人が同機構に採用され、残りは厚労省に配置換えになるなどしたが、懲戒処分を受けた251人を含む525人が分限免職になった。

<小沢幹事長>検察と全面対決 続投で政権にリスク(毎日新聞)
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)
大阪・居酒屋の銃乱射、重傷の男性も死亡(読売新聞)
<雷保護装置>発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
普天間移設、現行計画は困難…長島防衛政務官(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。