So-net無料ブログ作成

里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)

 将棋の棋戦主催各社で選考する第37回将棋大賞の表彰式が16日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、最優秀女流棋士賞を初受賞した里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)が初のスーツ姿を披露した。

 薄いグレーのパンツスーツ姿とネックレスで大人の雰囲気を漂わせた里見2冠は、表彰式の後に「すごく光栄ですし、うれしいです。今季はプロになってから目標にしていた女流名人にもなれ、とても充実した1年になりました」と笑顔を見せた。

 島根・大社高を卒業し、今月から将棋一本の生活が始まった。トレードマークだった制服のブレザー姿も卒業。「もうコスプレになっちゃうので、制服は着られません」という対局時の勝負服は、スーツに決定。既に数着を購入し、今月30日に行われる豊島将之五段との新人王戦に備えている。

 一方、3年連続17回目の最優秀棋士賞に輝いた羽生善治3冠(39、名人・王座・棋聖)は「将棋の世界は地味な世界と思われがち。確かに派手なことはしていないが、ひとつひとつの積み重ねが(表彰として)具体的に表れる。棋士としての励みにしたい」と貫禄のあいさつ。

 里見女流2冠については、「今までの女流棋士にはいなかった、局面に応じて勝負するタイプ。(のびしろは)未知数ですね」と評価すると、18歳は「ホントですか? 神様みたいな人なので…信じられません」と恐縮しきり。男女のスター共演が表彰式に花を添えた。

 【関連記事】
羽生名人が先勝…名人戦
将棋の棋戦 将棋大賞 千駄ケ谷 を調べる

国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」−東京地裁(時事通信)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待−群馬(時事通信)
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
「ドウシシャ」が所得隠し9千万円(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。