So-net無料ブログ作成
検索選択

新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)

 旭化成ファーマは4月5日、新規緑内障治療薬として創製したAK138シリーズ化合物について、日本、韓国を除く全世界の独占的開発・販売権を米バイオベンチャーのアルテオス社に供与するライセンス契約を締結したと発表した。日本での基礎研究を終えた段階で、日韓での今後の臨床試験の予定については検討中としている。

 緑内障は、眼球内を循環する液体(房水)が増え、眼球中の圧力(眼圧)が上昇することなどによって視神経が損傷を受け、視野が徐々に欠けていく疾患。

 主流薬は、房水の副排出経路のぶどう膜強膜に作用し、房水の排出を促して眼圧を下げる。これに対し、AK138シリーズ化合物は、繊維柱帯という「主排出経路」に作用する。旭化成ファーマでは、主経路に作用した方が、より高い眼圧降下が期待できるとしている。点眼剤として開発する。

 AK138シリーズ化合物は、血管平衡筋の収縮などに関係するRhoキナーゼを阻害する働きを持つ。旭化成ファーマは、Rhoキナーゼ阻害薬としてくも膜下出血術後の脳血管攣縮やこれに伴う脳虚血症状の改善薬(エリル点滴静注液)を販売しているが、近年、眼圧を強力に下げる作用が明らかになってきたという。このため、緑内障治療薬としての開発競争が激化しており、現在、参天製薬や千寿製薬など複数の企業が臨床試験を進めている。

 旭化成ファーマによると、国内で緑内障の治療を受けている患者は54万人(2005年)で、潜在患者は300万人(同)。全世界での潜在患者数は6700万人(00年)だという。


【関連記事】
緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
緑内障薬の副作用を逆手に脱毛症治療薬
点眼方法、不適切が9割超
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)
不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)
「業務上の疾病」の伝染性疾患、介護も業務対象に(医療介護CBニュース)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。