So-net無料ブログ作成
検索選択

小型ロボットアームを組み立て=野口さん、宇宙で仕事始め(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)が6日(日本時間)、日本実験棟「きぼう」船外実験施設(EF)に設置する予定の小型ロボットアーム(子アーム)を組み立てた。日本人飛行士で初めて宇宙で年を越した野口さんの「仕事始め」となった。
 子アームは全長約2.2メートル。既にEFに設置されているロボットアーム(親アーム、全長約10メートル)の先端で「指」の役割をするもので、昨年9月に日本の無人貨物船「宇宙ステーション補給機(HTV)」で運ばれた。親アームだけではできない細かい作業を行える。
 宇宙航空研究開発機構によると、野口さんは船内実験室の中で、米国人飛行士のティモシー・クリーマーさん(50)と組み立て作業を実施。この後、船内実験室とEFをつなぐエアロック内に小型アームを納める。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

x8slmgk1のブログ
PattieTudorのブログ
債務整理
競馬情報
クレジットカードのショッピング枠を現金化
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。