So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

奈良市、違法コピーのPCソフト使用 メーカー側に4300万円支払いで和解へ(産経新聞)

 奈良市は4日、違法コピーしたパソコンソフト計278本を業務に使用していたとして、著作権の侵害に対する損害賠償金計約4300万円を支払うことで、国内外のソフトウエアメーカー7社と和解する方針を明らかにした。

 違法コピーは昨年1月、ソフトウエアメーカー15社の代理人弁護士から指摘されて発覚。調査の結果、37課の業務用パソコンで、7社62種類のソフトを違法コピーした計278本を使用していたことが分かった。

 市は、ソフトの定価の約1・5倍にあたる約4300万円を支払うことなどで7社と合意。6月定例市議会に提出する本年度一般会計補正予算案に計上する。

【関連記事】
松本零士さんと槇原敬之さん和解 歌詞盗用めぐる訴訟
「まねして悪い?のお国柄」 日本企業の5割超が「中国に知財侵害」
本家ミシュランが人気ブログ「ねたミシュラン」に抗議文
頭部すげ替えは「著作権侵害」観音像訴訟で知財高裁
公的研究機関特許に“仕分け”の気配 知財ビジネスにも課題山積
中小企業、「知」の互助網形成に挑む

警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か―警察庁(時事通信)
【沈む島の真実 キリバスから】“落とし物”のワケは…(産経新聞)
最後は副大臣…鬼門・農相選び難航の舞台裏(読売新聞)
ふるさと切手の販売一時中止=北方領土の一部欠落―日本郵便(時事通信)
<民主代表選>人事巡り駆け引き 顔ぶれ一新困難に(毎日新聞)

元署長、飲酒運転で逮捕=乗用車に追突―栃木県警(時事通信)

 栃木県警矢板署の元署長が、飲酒運転で追突事故を起こし、道交法違反(酒酔い運転)容疑で現行犯逮捕されていたことが27日、県警への取材で分かった。
 県警真岡署によると、逮捕されたのは元矢板署長の農業田中功一容疑者(72)=宇都宮市細谷町=。「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、21日午後7時半ごろ、真岡市東郷の国道294号で酒に酔って軽トラックを運転した疑い。
 真岡署によると、田中容疑者は同所の踏切で一時停止していた乗用車に追突。通報で駆け付けた署員が酒酔い状態を確認した。追突された乗用車を運転していた女性は首の痛みを訴えており、軽傷という。 

【関連ニュース】
酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超
飲酒運転の巡査、懲戒免職=「5回ほどやった」
内部文書が大量流出=関係者名簿など1万人分以上

自民なおゴタゴタ 党本部VS宮城県連に発展 谷川氏が暗躍か…(産経新聞)
<桜>若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)
プラグを抜かずにムダな待機電力をカットする「こまめにスイッチ」新発売
<大治町長選>減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き(毎日新聞)

板垣さん発見15個目の超新星 重力崩壊で最軽量(産経新聞)

 山形市のアマチュア天文家、板垣公一さん(62)が2005年7月に発見した超新星は、太陽の質量の10倍程度の星が外側の水素の層をはぎ取られた後に起こした大爆発だったことが、広島大宇宙科学センター、東大数物連携宇宙研究機構などの国際研究グループの分析で分かった。20日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 この超新星は、地球から約1億光年離れた楕円(だえん)銀河に見つかった「SN2005cz」。研究グループの川端弘治・広島大准教授らによると、超新星爆発には太陽の8倍以上の重い恒星が重力崩壊を起こして爆発するタイプと、白色矮星(わいせい)が太陽の1・4倍の質量に達して核爆発を起こすタイプがあり、「SN2005cz」は重力崩壊型。

 このタイプでは、これまで太陽の8〜12倍の軽いクラスの観測例がなく、「SN2005cz」は重力崩壊型で最軽量の超新星となった。川端准教授は「太陽の10倍程度の星が、確かに超新星になることが実証された。理論的には超新星の中で大きな割合を占めているはずで、銀河の形成や元素の起源の解明に結びつく成果」と話す。

 板垣さんはこれまでに59個の超新星を発見。15個目に見つけた超新星で、論文の共著者になった板垣さんは「星を探すのが楽しくてしかたない。趣味が学問に役立てられるのはとても光栄」と話した。

【関連記事】
山形のアマチュア天文家、60個目の超新星を発見
超新星、大阪のファンに「まいどおおきに」
「クラゲ星雲」火の玉だった X線天文衛星で観測
明るさ、太陽の80億倍 超新星、国内研究チーム発見
超新星爆発の観測に成功 東大・広大のグループ

PSPソフト複製・無断販売、容疑で無職男逮捕(読売新聞)
普天間移設「最低でも県外」ほご 首相の無責任発言端緒「自らがまいた種…」(産経新聞)
<陸山会事件>検察審査員「起訴相当」11人、7月末全員交代 議決時期も注目(毎日新聞)
普天間“公約”違反 民主に首相責任論回避の動き 「小鳩で参院選」大勢(産経新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)

年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)

 「氷河期再来」とも言われた昨年度の就職戦線。

 今年1月末時点で、就職希望の高校生の18・9%、約3万人が内定していなかったが、そのまま卒業した人も多い。2000年前後の氷河期に大量発生した年長フリーターの問題が影を引きずる中、「二の舞いを避けたい」と自治体などの関係者は危機感を強める。職のない卒業生への独自の支援が全国各地で始まっている。

 京都府や京都市、京都労働局は「氷河期」対策として、合同で高校生緊急就職支援センターを設立。現在、今春高校を卒業した約40人が府内の2施設に分かれて研修に取り組んでいる。

 敬語の使い方、履歴書の書き方のほか、自分の意見を正しく伝えるための講習などを受けている。期間は3月末〜6月の約3か月。卒業生はセンターに就職した形を取り、月給9万円を受け取れる。ハローワークの仲介で随時、企業の採用担当者との面談があり、就職が決まれば、その時点で研修を終える仕組みだ。公立高出身の女性(18)は「高校時代は自分が何をしたいか分からなかった。この研修中に何とか自分に合う職を見つけたい」と話す。

 自分で活動する大学生と違い、高校生の就職活動は学校を通して行うケースが多い。このため、卒業すると就職活動の仕方が分からず、アルバイトを転々としながらいたずらに年齢を重ねてしまう人が目立つという。センターの担当者は「経済情勢が原因で就職できなかった生徒については、行政が責任を持つべきだ」と力を込める。

 広島県教委も9月までに40人を臨時職員として雇う予定だ。期間は3か月で、“仕事”は企業を訪問して求人を開拓する職員の補佐という。「就職に関係する現場を体験することで、どんな人材を企業が求めているかを実感させるのが狙い」(県教委)で、高校を訪問して現役の生徒たちへの進路指導の補助も行う。就活の両面を見つめて、自らの内定に結びつけてもらおうという試みだ。

 こうした臨時職員として採用する就活支援は、北海道や宮城県教委、青森県八戸市などでも進めている。

 一昨年度の就職戦線は、1月末で12・5%の人が内定を得られず、最終的に全国で約8000人が就職が決まらないまま卒業した。昨年度の内定状況はさらに悪化しており、この春は1万人を超える恐れもあるとみられている。

 このため教育現場の危機感は強い。高知県立高知農業高校で非常勤の就職アドバイザーを務める島崎章碩(あきひろ)さん(67)は、この4月から企業回りを始めた。同県の1月末の就職内定率は72・2%で、同校でも今春3人が未就職のまま卒業した。新3年生の就職希望者は109人で、例年より地元志向が強いという。島崎さんは「雇用の厳しさが親元に残る選択をさせている。早く求人開拓しないと、また内定のない生徒が出る」と厳しい表情で話した。(本田克樹、稲村雄輝)

 ◇年長フリーター◇ パートやアルバイトで生活する25〜34歳の世代。多くが就職氷河期に正社員になれなかった若者とみられる。総務省の調査によると、2009年のフリーター(15〜34歳)は前年比8万人増の約178万人で、このうち年長フリーターが同4万人増の約91万人。フリーターはピークの03年(217万人)から約39万人減ったが、年長フリーターは7万人減にとどまっている。

もんじゅ立ち入り検査=試運転控え、保安院−福井(時事通信)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
米海軍「真珠湾以来の大敗北」 図上演習で衝撃の結果(産経新聞)
児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理−総務相(時事通信)

解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)

 尿検査で大麻の陽性反応が出て、日本相撲協会を解雇されたロシア出身の元露鵬(30)、元白露山(28)兄弟の訴えは退けられた。力士としての地位確認を求めた訴訟で、19日に言い渡された東京地裁判決。元白露山とともに着物姿でまげを結って法廷に臨んだ元露鵬は「自分が(大麻を)やったことがないことをやったと協会に言われた。犯罪者ではないのに犯罪者扱いされて、納得いかない」と反発した。

 兄弟は開廷約20分前に代理人の塩谷安男弁護士と一緒に法廷入りした。ひげをはやした元白露山は判決後、「言うことはない」とコメントを控えたが、塩谷弁護士は「名誉を回復したいのと(協会に)できれば戻りたい」と2人の思いを代弁した。

 一方、日本相撲協会は判決後、「裁判所が協会の行った解雇処分が正当であると判断して、2人の請求を認めなかったのは当然で、正しい判決」とするコメントを発表した。

 兄弟側は、ずさんな検査で名誉を傷付けられたとして、検査を実施した協会の再発防止検討委員会(現生活指導部特別委員会)の委員らに賠償を求める訴訟も東京地裁に起こしており、係争中となっている。【武藤佳正】

【関連ニュース】
大麻解雇訴訟:元露鵬、元白露山兄弟の請求棄却…東京地裁
大相撲:新大関「謹んでお受けします」 把瑠都ホッと
第28代木村庄之助:通夜で曙さんら冥福祈る
訃報:大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長
大相撲:新大関・把瑠都誕生…「まずは優勝を」と意気込み

<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も(産経新聞)
谷垣氏「軽い認識で国民愚弄」 首相「ご懸念ご不要」(産経新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)

<手鏡箱>龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)

 京都市北区の寺院、閑臥庵(かんがあん)で「KAIENTAI」(海援隊)や「GOOD LUCK」(幸あれ)などの文字が彫られた手鏡箱が見つかり、公開されている。江戸時代末期の品とされ、坂本龍馬のイニシャルと同じ「SR」の文字も刻まれているため、ファンの夢を膨らませている。【五十嵐和大】

 手鏡箱は漆塗りで直径約24センチの円盤に柄が付いた形。ふたの表面に「JULY」(7月)の文字や海援隊の隊旗らしき絵も見える。寺の言い伝えでは、1877(明治10)年ごろ、同志社英学校に学んだジャーナリストの徳富蘇峰が寺を訪ねた際に見つけ、当時の住職に保管を勧めた。その後、行方不明になったが、08年の倉庫整理で発見したという。

 口承以外に由来を示すものはないが、1867年11月に暗殺された龍馬が7月ごろ、京に滞在していたのは確か。閑臥庵の山田英樹執事(47)は「寺は御所の北の守り神。航海の道しるべの北極星になぞらえ、安全を願ったのかも」と推測する。

【関連ニュース】
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
注目ドラマ紹介:「新撰組 PEACE MAKER」 イケメン続々、ポップな幕末青春活劇
今週の本棚・新刊:『幕末日本と対外戦争の危機』=保谷徹・著
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ
リーガロイヤルホテル京都:龍馬ゆかりの地巡る 宿泊プラン2種売り出し /京都

「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
国民への意識調査、第1弾を5月に実施−高齢者医療制度改革で厚労省(医療介護CBニュース)
普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
<NHK>受信契約求めホテル事業者を提訴 千葉 (毎日新聞)

里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)

 将棋の棋戦主催各社で選考する第37回将棋大賞の表彰式が16日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、最優秀女流棋士賞を初受賞した里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)が初のスーツ姿を披露した。

 薄いグレーのパンツスーツ姿とネックレスで大人の雰囲気を漂わせた里見2冠は、表彰式の後に「すごく光栄ですし、うれしいです。今季はプロになってから目標にしていた女流名人にもなれ、とても充実した1年になりました」と笑顔を見せた。

 島根・大社高を卒業し、今月から将棋一本の生活が始まった。トレードマークだった制服のブレザー姿も卒業。「もうコスプレになっちゃうので、制服は着られません」という対局時の勝負服は、スーツに決定。既に数着を購入し、今月30日に行われる豊島将之五段との新人王戦に備えている。

 一方、3年連続17回目の最優秀棋士賞に輝いた羽生善治3冠(39、名人・王座・棋聖)は「将棋の世界は地味な世界と思われがち。確かに派手なことはしていないが、ひとつひとつの積み重ねが(表彰として)具体的に表れる。棋士としての励みにしたい」と貫禄のあいさつ。

 里見女流2冠については、「今までの女流棋士にはいなかった、局面に応じて勝負するタイプ。(のびしろは)未知数ですね」と評価すると、18歳は「ホントですか? 神様みたいな人なので…信じられません」と恐縮しきり。男女のスター共演が表彰式に花を添えた。

 【関連記事】
羽生名人が先勝…名人戦
将棋の棋戦 将棋大賞 千駄ケ谷 を調べる

国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」−東京地裁(時事通信)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待−群馬(時事通信)
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
「ドウシシャ」が所得隠し9千万円(産経新聞)

山崎さん、補給コンテナ設置へ(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)は日本時間8日午後、ロボットアームを操作して物資補給コンテナ「レオナルド」をISSに設置する作業を行う。今回の任務で最初の山場を迎える。

【フォト】山崎さん、補給コンテナ設置へ

 レオナルドはイタリアが開発した再利用型の輸送コンテナで、直径4・6メートル、長さ6・4メートルの円筒形。水や食料などの日用品のほか、飛行士の個室や各国の実験機材など約6トンの物資が収納されている。

 山崎さんは米国の女性飛行士とペアを組んで、ISSのロボットアームを操作。米スペースシャトル「ディスカバリー」の貨物室からレオナルドを取り出し、約30分かけてISSに取り付ける見込み。

 順調に行けば9日から、野口聡一さん(44)らと共同で物資の運び出しを始める予定で、山崎さんは運搬作業の責任者を務める。

【関連記事】
松戸のカボチャ 山崎さんと宇宙の旅
山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション
山崎、野口さんが宇宙で対面 日本人初
スペースシャトル、ISSにドッキング成功
山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
首都圏マンション販売2月は前年比10%増
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)

新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)

 旭化成ファーマは4月5日、新規緑内障治療薬として創製したAK138シリーズ化合物について、日本、韓国を除く全世界の独占的開発・販売権を米バイオベンチャーのアルテオス社に供与するライセンス契約を締結したと発表した。日本での基礎研究を終えた段階で、日韓での今後の臨床試験の予定については検討中としている。

 緑内障は、眼球内を循環する液体(房水)が増え、眼球中の圧力(眼圧)が上昇することなどによって視神経が損傷を受け、視野が徐々に欠けていく疾患。

 主流薬は、房水の副排出経路のぶどう膜強膜に作用し、房水の排出を促して眼圧を下げる。これに対し、AK138シリーズ化合物は、繊維柱帯という「主排出経路」に作用する。旭化成ファーマでは、主経路に作用した方が、より高い眼圧降下が期待できるとしている。点眼剤として開発する。

 AK138シリーズ化合物は、血管平衡筋の収縮などに関係するRhoキナーゼを阻害する働きを持つ。旭化成ファーマは、Rhoキナーゼ阻害薬としてくも膜下出血術後の脳血管攣縮やこれに伴う脳虚血症状の改善薬(エリル点滴静注液)を販売しているが、近年、眼圧を強力に下げる作用が明らかになってきたという。このため、緑内障治療薬としての開発競争が激化しており、現在、参天製薬や千寿製薬など複数の企業が臨床試験を進めている。

 旭化成ファーマによると、国内で緑内障の治療を受けている患者は54万人(2005年)で、潜在患者は300万人(同)。全世界での潜在患者数は6700万人(00年)だという。


【関連記事】
緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
緑内障薬の副作用を逆手に脱毛症治療薬
点眼方法、不適切が9割超
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)
不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)
「業務上の疾病」の伝染性疾患、介護も業務対象に(医療介護CBニュース)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。